葬儀の適切な選択を

葬儀の形態や規模は、村落共同体が機能している地域は別として、それ以外の地域なら、自由に選択できるものです。しかし、現実はそうでもありません。選ぶ側が敢然としているなら、合理的で適切な選択ができるのですが、病院にいた葬儀社や、しがらみで契約した葬儀社を使うことになってしまっている例も依然として多いです。そうした場合、葬儀費用は高額となります。それが死者のためだけに使われるなら納得もいきますが、葬儀社の高い利益率のために高額となるのは、納得のいかないことでしょう。しかし、頻繁にあるものではないので、あとから吟味されることも少なく、そうした状況は繰り返されがちです。葬式の費用は千差万別です。しかも値段はリーズナブルに決まるものでもないようです。インターネットが普及する前は、人々がそうした情報にアクセスできなかったこともあって、値段はあってないような面もあったようです。現在は、インターネットで比較検討できますから、必ずそれをしてから選択したいものです。