葬儀の流れについて

故人を最後に送る儀式が葬儀であるのに対し、告別式は皆でお別れをするための式になります。参列する場合は途中で退出せず、最後の出棺までお見送りしましょう。ここでは、葬儀の一連の流れについて紹介します。まず、開式10分前には会場に到着するようにしましょう。到着後は最初に受付を済ませます。深く一礼した後に香典を手渡し、芳名帳に記入します。その後式場内へ移動して着席しますが、席が無い場合には立つようにしましょう。そして僧侶による読経が行われ、案内に従って焼香を行います。焼香が終わった後は、再度席に着く場合と別の場所で待機する場合があるため、案内に従って行動するようにしましょう。そして僧侶を見送ると同時に閉式となります。そして棺の中に副葬品や花を納め、出棺となります。故人と親しい間柄であった場合、希望によって同行が可能な場合があります。希望する場合は、準備があるため、前もって遺族に相談しておくようにしましょう。