友人の葬儀の席で妻のお産が始まる長所と短所

友人の葬儀の席で妻のお産が始まると、参列者から称賛される、早く一緒に病院へと言われるなどの長所があります。妻のお産が始まると、参列者達から拍手やおめでとうという言葉が沢山飛び出します。夫としては小躍りしたい気分ではありますが、妻のことが気になって何も手につかない状況になるはずです。友人の遺族達、または周囲から早く病院へという声が出ると思われるので、妻を車に乗せて病院へ移動します。妻を車に乗せる時は、おそらくですが葬儀に参列している人達が、転ばないように支えてくれます。無事に産まれた時は葬儀会場にいる人達へ電話を使って連絡しましょう。
短所は身重の人を連れて来てはいけないと怒られることです。妻の友人か親しい人からしてみれば、腹が立っても仕方がない場面と言えます。そのため、何も言わずにじっと聞き入ることしかできないはずです。ただ、妻の気持ちを尊重したことが知れ渡れば、強く言い過ぎたと謝罪してもらえます。